Blog

次の10年に向かって


平成12年9月18日、初めて枝光のまちに「まちづくりアドバイザー」として
足を踏み入れてから10年が経過しました。
平成14年2月22日、九州大学の大学院生による「まちづくりプレゼン」により
本格的に動き始めた「まちづくりアドバイザー」としての仕事は
現在もゆっくりとその歩を進めています。

平成23年2月26日、この10年の歩みをを振り返りつつ、
「これから、枝光1区がどうすれば暮らしやすく出来るのか??」を、
「枝光1区 まちづくり活動報告会」と題し、
再び(9年ぶりに)九州大学の大学院生がプレゼンしました。


会場の福祉センターの講堂はほぼ満席となり、
改めて、まちの皆様の「枝光愛」の熱さに関心しました。
聴衆の中には、この10年間で枝光のまちづくりに関わってくれていた
志賀研究室のOB・OGの姿も見られ、
まちの人と再会を喜び合う感動のシーンも演出されました。



今回の学生達も、9年前の先輩達に負けず劣らず、
スバラシイプレゼンをしてくれました。
発表会の後の慰労会では
「あの提案は実現できるぞ」とか
「あれはやってみたいよねぇ」とかいう
まちの方々のありがたい言葉が飛び交い、私も感無量でした。

竹下・志賀研究室の皆さま、お疲れ様。
とてもクオリティの高い提案でした。
これからも頑張りましょう。

枝光1区の皆様方、
次の10年もその次の10年も宜しくお願いします。





コメント

投稿

名前
 
メールアドレス
 
URL
 
タイトル
コメント
パスワード
Cookieに保存